« 女子フリー滑走順/フィギュアスケート四大陸選手権2014(4CC)(2014年1月25日13時24分~) | トップページ | 女子シングル総合順位「フィギュアスケート四大陸選手権2014(4CC)」2014年1月23日~25日 »

2014年1月25日 (土)

男子シングル総合順位「フィギュアスケート四大陸選手権2014(4CC)」2014年1月22日~24日

2014年1月22日(水)~25日(土)に台湾で開催されるフィギュアスケート国際大会「四大陸フィギュアスケート選手権大会 2014」(四大陸選手権、4CC)。
男子シングル最終結果(総合順位・試合結果)。
競技日:
SP(ショート):2014年1月22日(水)
FS(フリー):2014年1月24日(金)

Four Continents Championships 2014 RESULT
四大陸選手権2014リザルト(滑走順/競技結果)(ISU公式/英語)

Four Continents Championships 2014/Men Result
男子総合順位(競技結果・リザルト)

スポーツナビ|実況>四大陸選手権 男子SP
スポーツナビ|実況>四大陸選手権 男子FS

◇四大陸選手権2014男子 - 最終結果
(最終順位/選手名/所属国/総合得点)

1. Takahito MURA [JPN] 242.56点(無良崇人)
2. Takahiko KOZUKA [JPN] 236.38点(小塚崇彦)
3. Nan SONG [CHN] 236.09点
4. Denis TEN [KAZ] 226.37点
5. Richard DORNBUSH [USA] 224.44点
6. Joshua FARRIS [USA] 221.00点
7. Jinlin GUAN [CHN] 214.26点
8. Adam RIPPON [USA] 213.20点
9. Jeremy TEN [CAN] 208.51点
10. Nam NGUYEN [CAN] 204.69点
11. Elladj BALDE [CAN] 201.45点
12. Christopher CALUZA [PHI] 191.21点
13. Misha GE [UZB] 188.41点
14. June Hyoung LEE [KOR] 184.14点
15. Abzal RAKIMGALIEV [KAZ] 184.13点
16. Yi WANG [CHN] 179.52点
17. Keiji TANAKA [JPN] 178.91点(田中刑事)
18. Chih-I TSAO [TPE] 166.73点
19. Dong Won LEE [KOR] 166.73点
20. Brendan KERRY [AUS] 163.37点
21. David KRANJEC [AUS] 156.50点
22. Jordan JU [TPE] 152.46点
23. Julian Zhi Jie YEE [MAS] 137.56点
24. Maverick EGUIA [PHI] 136.99点
25. Jui-Shu CHEN [TPE] FNR.
26. Ronald LAM [HKG] FNR.
27. Andrew DODDS [AUS] FNR.
WD. Jin Seo KIM [KOR]
WD. Michael Christian MARTINEZ [PHI]



無良崇人選手、優勝おめでとう。22歳でISUチャンピオンシップの初メダル。これでやっと世界トップ選手の入り口に立てたところ。次の平昌五輪を目指す第一歩が踏み出せました。織田君が譲ってくれた出場枠を最大限活用してくれてありがとう。SP・FSを崩れないでまとめたのはよかったけど、やっぱり世界トップ選手に比べるとプログラム構成が低い。来季はジャンプが不調でも点が取れるプログラムを考えてほしい。

田中刑事選手はどうしちゃったのか。怪我があるなら、国体は休んだ方がいいけど、気持ちの問題なら国体に出て声援をもらった方がやる気が出るんじゃないか。ここで気持ちを切り替えて、世界ジュニア選手権で実力を出してください。

小塚崇彦選手、現役続行を決めてくれてありがとう。試合に出たことで競技を続ける気持ちが決まったのなら、この試合は順位や点数以上の価値がありました。今回の演技で目立って悪かったのはSP・FSとも4TがDG(ダウングレード)と着氷乱れで基礎点10.30が2点ぐらいに減点されたこと。それでも、ずっと決まらなかったSPの3Lz-3Tが決まったのは良かった。やっと股関節の痛みとの付き合い方をコントロールできるようになって、今できることでまだ点を伸ばせると思います。怪我を抱えながらトレーニングを続ける試行錯誤は、フィギュアスケートの後輩や他の競技の選手の参考になるでしょう。

男子メダリスト会見で、小塚選手は2月の半ばに8級のバッジテストを受ける予定と語っていました。7級を持っていれば全日本選手権に出られるので、8級もちの選手はあまりいないらしい。中野友加里さんが8級を持っていたらしいが。8級の価値がわからないけど、とりあえず目標のためにがんばってください。

pigeon-post[伝書鳩]さんの四大陸選手権レポート
囲み取材のインタビュー書き起こし記事



《関連記事》
四大陸選手権「ISU四大陸フィギュアスケート選手権2014(4CC)」大会概要(2014年1月20日~25日/台湾)

テレビ放送予定/四大陸選手権「ISU四大陸フィギュアスケート選手権2014(4CC)」フジテレビ・J SPORTS 4(2014年1月22日~25日)

男子ショート滑走順/フィギュアスケート四大陸選手権2014(4CC)(2014年1月22日18時50分~)

男子フリー滑走順/フィギュアスケート四大陸選手権2014(4CC)(2014年1月24日18時35分~)

フィギュアスケート・イベントスケジュール表@夏貸文庫

|

« 女子フリー滑走順/フィギュアスケート四大陸選手権2014(4CC)(2014年1月25日13時24分~) | トップページ | 女子シングル総合順位「フィギュアスケート四大陸選手権2014(4CC)」2014年1月23日~25日 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

フィギュアスケート」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男子シングル総合順位「フィギュアスケート四大陸選手権2014(4CC)」2014年1月22日~24日:

« 女子フリー滑走順/フィギュアスケート四大陸選手権2014(4CC)(2014年1月25日13時24分~) | トップページ | 女子シングル総合順位「フィギュアスケート四大陸選手権2014(4CC)」2014年1月23日~25日 »