« 2014フィギュアスケート全日本選手権・予選会通過者数(シード選手、免除選手) | トップページ | 国際試合「ISUジュニアグランプリ(JGP)エストニア大会(第5戦)」2014年9月24日~27日 »

2014年9月23日 (火)

羽生結弦が腰痛でフィンランディア杯欠場、グランプリシリーズは出場予定

フィギュアスケート男子シングルの羽生結弦選手が、今季初戦として予定していた国際試合「フィンランディアトロフィー(フィンランディア杯)」(2014年10月10日~12日/フィンランド・エスポー)を欠場することが9月23日に公表されました。

先週の練習中に腰を痛め、国内の病院で検査を受けて「筋筋膜性腰痛症」と診断されたそうです。約4週間の治療が必要とのこと。
グランプリシリーズ初戦となる中国杯(11月7日~9日/中国・上海)には出場する予定だそうです。
9月17日に診断書と辞退届を日本スケート連盟に提出しました。

23日の日本スケート連盟評議員会後に取材に応じた伊東秀仁フィギュア部長は、「万全で中国杯に臨むため」と説明しました。

羽生結弦、腰痛で今季初戦予定の試合欠場 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

羽生、練習中に腰を痛め今季初戦を欠場/フィギュア (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

羽生、腰痛で今季初戦を欠場へ…フィギュア男子 (読売新聞) - Yahoo!ニュース

フィンランディア杯公式フェイスブック(FB)、9月23日の記事に羽生選手からのメッセージ(英語)が掲載されています。

羽生結弦、腰痛でフィンランド杯欠場 FBでメッセージ (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
羽生選手のメッセージ日本語訳

Finlandia Trophy Espoo - エスポー - スポーツイベント | Facebook
フィンランディア杯公式フェイスブック(英語)



「筋筋膜性腰痛症」とは筋肉や筋膜の損傷や過緊張による腰の痛み。急性の場合はいわゆる「ぎっくり腰」と呼ばれます。
寒い場所で不自然な姿勢や激しい動作やジャンプの衝撃で腰の筋肉に負担がかかったのかな。スケートって体に負担のかかる不健康なスポーツですね。長年続けている選手はほとんど慢性的な怪我を抱えています。

治療法は急性と慢性では違います。
急性は炎症を起こしているので安静にして冷やします。
慢性は温めて、ストレッチかマッサージで筋肉をほぐして血行を良くして、症状が出ないように筋肉を鍛えるのがいいみたいです。

手術が必要な大怪我ではないようでよかった。
あせらずしっかり治して、万全の体調で出場していい演技を見せてください。

《関連記事》
国際試合「フィンランディアトロフィー2014」大会概要(フィンランド/2014年10月10日~12日)

2014-2015シーズンのフィギュアスケート国際大会・国際試合の日程・開催地

フィギュアスケート国際試合「チャレンジャー・シリーズ」2014-2015シーズンの予定

フィギュアスケート・イベントスケジュール表@夏貸文庫
(試合・アイスショーの予定・日程)

|

« 2014フィギュアスケート全日本選手権・予選会通過者数(シード選手、免除選手) | トップページ | 国際試合「ISUジュニアグランプリ(JGP)エストニア大会(第5戦)」2014年9月24日~27日 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

フィギュアスケート」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/60364372

この記事へのトラックバック一覧です: 羽生結弦が腰痛でフィンランディア杯欠場、グランプリシリーズは出場予定:

« 2014フィギュアスケート全日本選手権・予選会通過者数(シード選手、免除選手) | トップページ | 国際試合「ISUジュニアグランプリ(JGP)エストニア大会(第5戦)」2014年9月24日~27日 »