« プリンスアイスワールド横浜公演会場からラジオ放送/2015年4月26日「SPORTS DISCOVERY」文化放送 | トップページ | 羽生結弦 カナダ・トロントで練習再開、日本スケート連盟の祝賀会欠席 »

2015年4月24日 (金)

小塚崇彦 特別強化選手に選出 来季以降の現役続行へ前向き

2015年4月24日に開かれた日本スケート連盟の理事会で、今年度(平成27年度)の強化選手について承認されました。
スケートシーズンでいうと来季(2015-2016シーズン)の強化選手となります。

浅田真央、強化選手選出は保留 5月に意思確認へ (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

フィギュアスケートの特別強化選手は男子が6人、女子が4人。

ニュースに名前が出ているのは
男子の特別強化選手は羽生結弦選手、宇野昌磨選手、小塚崇彦選手。
(無良崇人選手、村上大介選手とあと1人)
女子の特別強化選手は宮原知子選手、村上佳菜子選手。
(本郷理華選手、あと1人)。

>女子で今季休養し、進退を保留している浅田真央(中京大卒)は現時点では選ばれず。小林芳子フィギュア強化部長は来季のGPシリーズの出場について、「ISUに回答する必要もある。逆算すると5月中には」と、本人側に意思確認する意向を示した。

浅田選手は来季のグランプリシリーズに出ると決めなければ、実質引退かな。オリンピックは目指さなくても、試合はまた出たいみたいだけど。

日本スケート連盟
強化選手のページは7月1日以降に更新されると思われます。

《追記》4月27日に平成27年度強化選手発表
フィギュアスケート平成27年度強化選手発表(2015/2016シーズン)日本スケート連盟



小塚崇彦選手は4月24日、都内で行われた日本スケート連盟の優秀選手表彰祝賀会に出席しました。
今後について「僕の気持ちは去年に比べたらはっきりしている。やりたいという方に進んでいます」と心境を述べ、来季以降の現役続行へ前向きな姿勢をみせたそうです。
4月から復学した大学院での修士論文執筆にまずは集中し、6月までに正式に進退を決める予定。「やりたい気持ちを尊重して、修論に全身全霊を傾けたい」とのこと。

小塚崇彦、来季以降の現役続行へ前向き (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

現役続行に前向きとは、いいニュースです。そのまま進んでください。
世界選手権12位以内は来季グランプリシリーズ2試合出場が保証されるし、前年の全日本選手権表彰台は次の全日本選手権予選免除。来季は少なくとも3試合は出場する権利を持っています。

修士論文のためのジャンプの実験データをとっている様子の動画を小塚選手本人のインスタグラムで公開しています。リンクの鏡に大勢の人が映っています。データをとるのにこれだけ手伝いが必要だから大変そう。
6月のドリームオンアイスに続き、7月のプリンスアイスワールド東京公演の出演も決まったし、論文執筆も目処が立ちそうかな。
体のメンテナンスで現役生活を伸ばす研究も、後輩たちの参考になるでしょう。

https://instagram.com/takakozuka/

マスコミが小塚選手の動向を気にするのは、引退したら出演してほしくてねらっているのでは。来年のリオオリンピックに向けて現地取材とか。一般の知名度もあって顔が広くて、競泳など夏競技の選手とも仲が良くて、中京大の先輩後輩でオリンピック出場できる選手が複数いるし。

《関連記事》
アイスショー「プリンスアイスワールド2015(PIW)」横浜公演(2015年4月25日~5月3日の土日祝開催予定)

2015年(平成27年)春~夏のアイスショー開催予定情報《フィギュアスケート》

フィギュアスケート国際大会予定(日程・開催地)2015-2016シーズン以降

フィギュアスケート・イベントスケジュール表@夏貸文庫
(試合・アイスショーの予定・日程)

|

« プリンスアイスワールド横浜公演会場からラジオ放送/2015年4月26日「SPORTS DISCOVERY」文化放送 | トップページ | 羽生結弦 カナダ・トロントで練習再開、日本スケート連盟の祝賀会欠席 »

スポーツ」カテゴリの記事

フィギュアスケート」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小塚崇彦 特別強化選手に選出 来季以降の現役続行へ前向き:

« プリンスアイスワールド横浜公演会場からラジオ放送/2015年4月26日「SPORTS DISCOVERY」文化放送 | トップページ | 羽生結弦 カナダ・トロントで練習再開、日本スケート連盟の祝賀会欠席 »