« 男子シングル試合結果/ISUグランプリファイナル2015(GPF)バルセロナ(2015年12月10日~13日) | トップページ | 雑誌「Number(ナンバー)」892号/佐藤信夫物語 名伯楽の知られざる選手時代◇2015年12月17日発売 »

2015年12月17日 (木)

ラトビアの民話「五匹の猫」あらすじ/猫の銀貨(5ユーロコイン)の原作

ラトビアで2015年に発行された記念コインの猫銀貨のモチーフとなった民話「五匹の猫(Pieci kaki/Five Cats)」あらすじまとめ。

猫銀貨について調べたことをブログ記事で書き足したら長くなったので、銀貨の話は抜きで民話についてわかったことを改めて書き留めておきます。

猫銀貨についてはこちら。コインは直径38.6 mm、重量31.4グラム、材質はシルバー925いわゆる「スターリングシルバー」。
5匹の猫の名前「Muris, Nuris, Incis, Mincis, Puncis(ムリス、ニュリス、インツィス、ミンツィス、プンツィス)」はコインの裏面、ベッドに寝ている猫の上に書いてあります。
ラトビア銀行の猫の銀貨(5ユーロコイン)の原作童話「5匹の猫(pieci kaki)」Alberts Kronenbergs


ラトビアの民話「五匹の猫」の日本語訳が載っている本がありました。

『世界の猫の民話 単行本』
日本民話の会外国民話研究会
出版社: 三弥井書店 (2010/02)

世界の猫の民話
【アマゾン】

「五匹の猫」ラトビア(P199)

冬のこと、五匹の猫が森へ木を切りに出かけた。
長いこと切っていたが、切り倒せなくて、尻尾をくるんと巻き上げると家に戻ってきた。
家に入ってみれば薪がない。
五匹の猫はまたもや森へ行ってそれぞれ1本づつの薪を持ち帰った。
この薪が短すぎ、これは長すぎ、三本目は短すぎずに長すぎでもなかった。
やっとのことで猫たちは火をおこし、お粥を煮た。お粥が煮えるとがつがつ食べた。腹いっぱい食べるとごろんと横になった。
では見に行ってみよう。五匹の猫は今でも眠っているのかな?

(渡辺節子:訳)1965年にラトビアの首都リガで刊行された本から。当時はソ連なのでロシア語。



猫銀貨の紹介ページ(英語)で「五匹の猫」の詳しい話

Latvia Launches Series on Children’s Tales with Charming Color Coin | Coin Update

ラトビアの子どもの本の作家Vilma Delle (1892-1980) が民話から韻文(詩歌)「五匹の猫(Pieci kaki)」を書いて1920年に若者向け雑誌に発表した。
詩人で芸術家のAlberts Kronenbergs (1887-1958) が「五匹の猫」を再話して1949年に子ども向け雑誌に発表した。
猫たちは、一緒に仕事をして必要な薪を手に入れるために合意することができない怒りっぽい生き物として描かれている。

よく知られる書き出し部分は

~~~~
五匹の猫はかつて考えました。
鍋のお粥がいいでしょう。
ぼくらはミルクを持っていて、鍋を持ってきていて、
ただいくらか薪を切る必要がある。
~~~~

薪を手に入れるためのすべてのトラブルの後、彼らは報酬を受け取りました。
民族のための知恵は、人の幸福は自分の知性、機知、規律、協力、勤勉を使用することに基づいていると指示します。

~~~~
まもなく彼らは自分の食事を作りました。
みんなに十分な食べ物がありました。
彼らは熱心に食べに食べました。
彼らのおなかはボールのように見えました。
~~~~



猫銀貨の紹介ページ(英語)

New five euro collectors coin Pieci kaki inspired by Latvian folk fable - Latvians Online

「5匹の猫」はラトビアのもっともよく知られている子ども向けのおとぎ話(Fairly Tale)。
ラトビア語のタイトルは"pieci kaki" (英語: five cats) 。

元の物語はラトビアの民話(寓話)でいろいろなバージョンがある。
Vilma Delle(1892 - 1980)が1920年に出版した話、
Alberts Kronenbergs (1887 - 1958)が1949年に出版した話がよく知られる。

「五匹の猫」のお話
五匹の猫は、切った薪(たきぎ)を家に持って来るのに苦労するけど、結局は全員が一緒に働き始めて家にたきぎを持って帰り、火をおこし、寝るときにおかゆを作り、よく食べて満足する。

Alberts Kronenbergs - Pieci Kaki - YouTube
原作童話のラトビア語の朗読、イラスト入り




ASkaitampanti forums mammamuntetiem.lv
ラトビア語のページ

Vilma Delleが書いた韻文(詩歌)「五匹の猫(Pieci kaki)」のようです。


《関連記事》
ラトビア銀行の猫の銀貨(5ユーロコイン)の原作童話「5匹の猫(pieci kaki)」Alberts Kronenbergs

世界の民話・昔話@夏貸文庫

|

« 男子シングル試合結果/ISUグランプリファイナル2015(GPF)バルセロナ(2015年12月10日~13日) | トップページ | 雑誌「Number(ナンバー)」892号/佐藤信夫物語 名伯楽の知られざる選手時代◇2015年12月17日発売 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/62883410

この記事へのトラックバック一覧です: ラトビアの民話「五匹の猫」あらすじ/猫の銀貨(5ユーロコイン)の原作:

« 男子シングル試合結果/ISUグランプリファイナル2015(GPF)バルセロナ(2015年12月10日~13日) | トップページ | 雑誌「Number(ナンバー)」892号/佐藤信夫物語 名伯楽の知られざる選手時代◇2015年12月17日発売 »