« 女子シングル試合結果/ISUフィギュア四大陸選手権2016(4CC)台湾(2016年2月18日~21日) | トップページ | アイスショー「ザ・アイス2016」大阪公演7月30日・31日、名古屋公演8月5日~7日開催決定 »

2016年2月21日 (日)

男子シングル試合結果/ISUフィギュア四大陸選手権2016(4CC)台湾(2016年2月18日~21日)

2016年2月16日~21日に台湾で開催するフィギュアスケート国際大会「ISU 四大陸フィギュアスケート選手権大会 2016(四大陸選手権/四大陸フィギュア/4CC)」。
競技は2月18日(木)~21日(日)。

男子シングルの競技結果(総合順位)。
(ショート2月19日、フリー21日)

Four Continents Championships 2016 RESULT
四大陸選手権2016リザルト(滑走順・競技結果)

採点表(プロトコル)は表右の「Judges Scores (pdf)」にリンク。

「ISU四大陸選手権2016」
《男子シングル総合順位》
順位/選手名/所属国/総合得点/SP順位・FS順位

1. Patrick CHAN [CAN] 290.21点/SP5・FS1
2. Boyang JIN [CHN] 289.83点/SP1・FS2
3. Han YAN [CHN] 271.55点/SP3・FS3
4. Shoma UNO [JPN] 269.81点/SP2・FS5(宇野昌磨)
5. Takahito MURA [JPN] 268.43点/SP4・FS4(無良崇人)
6. Keiji TANAKA [JPN] 222.70点/SP7・FS7(田中刑事)
7. Max AARON [USA] 220.94点/SP8・FS6
8. Grant HOCHSTEIN [USA] 216.34点/SP6・FS10
9. Michael Christian MARTINEZ [PHI] 211.59点/SP9・FS9
10. Jin Seo KIM [KOR] 201.43点/SP12・FS11
11. Kevin REYNOLDS [CAN] 198.87点/SP20・FS8
12. Nan SONG [CHN] 194.81点/SP11・FS15
13. Liam FIRUS [CAN] 194.02点/SP14・FS13
14. Ross MINER [USA] 191.12点/SP17・FS12
15. Julian Zhi Jie YEE [MAS] 190.32点/SP15・FS14
16. June Hyoung LEE [KOR] 180.92点/SP10・FS19
17. Denis MARGALIK [ARG] 177.65点/SP18・FS16
18. Se Jong BYUN [KOR] 176.15点/SP16・FS17
19. Brendan KERRY [AUS] 172.26点/SP19・FS18
20. Andrew DODDS [AUS] 161.47点/SP13・FS21
21. Chih-I TSAO [TPE] 159.13点/SP22・FS20
22. Leslie IP [HKG] 152.29点/SP21・FS22
23. Harry Hau Yin LEE [HKG] 110.95点/SP23・FS23



4位 宇野昌磨、5位 無良崇人、6位 田中刑事

宇野昌磨選手は昨年に続いて、ショート2位から四大陸選手権のメダルを逃す。
ミスらしいミスはフリー冒頭の4Tの着氷が乱れたのと、後半4Tにセカンドジャンプがつけられなかったこと。得点源の4回転ジャンプで点を伸ばせなかったのが痛い。
プログラムに入れない4Loを公式練習で練習している時点で、4Tの調子が悪かったんだろうな。高橋大輔さんが現役時代、4Tの調子が悪いと公式練習で4Fの練習をしていたのを思い出す。
この悔しさをばねに世界選手権ではノーミスしてほしい。そして来季は海外で振付して演技の幅を広げてほしい。

無良崇人選手はショート4位・フリー4位で総合5位。3位から5位はあまり点差がない。
つなぎを強化したプログラムが実を結んできた。ジャンプはよかったから、スピンで少しでも点を稼げるようにしたい。
田中刑事選手は無良選手に次いで6位。5位と6位の間には40点以上の溝がある。この溝を乗り越えて、世界トップと戦う気持ちをもってほしい。

パトリック・チャン選手がショート5位から逆転優勝。国際大会で羽生選手・フェルナンデス選手に次いで3人目のフリー200点越え。苦手の3Aを2本入れて完璧な演技をしてみせた。競技プログラムは圧巻だし、エキシビションは滑るのが楽しそうで、帰ってきてくれてありがとうと思う。

ボーヤン・ジン選手が2位。フリーTESは110点超え。まだPCSが低いのでベテラン選手に後れを取るけど、2か月前のグランプリファイナルと比べると意外なほど滑りが向上している。2年後の平昌五輪の頃にはトップに立つかもしれない。
ジン選手はこのフリーで2つの新記録を打ち立てた。フリーで4Lz(ルッツ)、4S(サルコー)、4T(トーループ)と3種類4度の4回転ジャンプを成功させた。国際スケート連盟(ISU)によると、公認の国際試合で1試合3種類、計4度を成功させるのはともに史上初めて。

ハン・ヤン選手が3位。体が弱かったりして成績が安定しないけど、ジャンプも滑りもいい選手で世界選手権でも上位が狙える。

世界選手権ではこの3人に加えて、欧州王者のハビエル・フェルナンデス選手、四大陸選手権をキャンセルしたデニス・テン選手、アダム・リッポン選手らが立ちふさがる。


◆大会名称:ISU Four Continents Figure Skating Championships2016
     『ISU 四大陸フィギュアスケート選手権大会 2016』
主催:国際スケート連盟(ISU)
期日:2016年2月16日(火)~21日(日)
開催地:台湾・台北(Taipei City Chinese Taipei)
会場:Taipei Arena(リンクサイズ 30m x 60m)
種目:シニアの男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンス

日本代表選手:
【男子】宇野昌磨 無良崇人 田中刑事
【女子】宮原知子 本郷理華、村上佳菜子
【ペア】須藤澄玲/フランシス ブードロ・オデ
【アイスダンス】村元哉中/クリス リード 平井絵己/マリオン デ・ラ・アソンション

「四大陸選手権」は国際スケート連盟(ISU)主催のチャンピオンシップ。
ヨーロッパを除く各国(アメリカ、アジア、アフリカ、オーストラリア大陸)から選手が集まります。

Four Continents Championships 2016
四大陸選手権2016イベントページ(ISU公式/英語)
エントリー(参加選手)、スケジュール

《関連記事》
四大陸選手権「ISU四大陸フィギュアスケート選手権2016(4CC)」大会概要(2016年2月16日~21日/台湾)

テレビ放送予定/四大陸フィギュアスケート選手権2016(4CC)フジテレビ系・J SPORTS 2月18日~21日

男子ショート滑走順/ISUフィギュア四大陸選手権2016(4CC)台湾(日本時間2月19日19時30分~)

男子フリー滑走順/ISUフィギュア四大陸選手権2016(4CC)台湾(日本時間2月21日13時00分~)



フィギュアスケートテレビ放送情報
特集番組の予定など。

フィギュアスケート競技会情報

氷上演技会情報(アイスショー情報ブログ)

フィギュアスケート・イベントスケジュール表@夏貸文庫
(試合・アイスショーの予定・日程)

|

« 女子シングル試合結果/ISUフィギュア四大陸選手権2016(4CC)台湾(2016年2月18日~21日) | トップページ | アイスショー「ザ・アイス2016」大阪公演7月30日・31日、名古屋公演8月5日~7日開催決定 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

フィギュアスケート」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/63246018

この記事へのトラックバック一覧です: 男子シングル試合結果/ISUフィギュア四大陸選手権2016(4CC)台湾(2016年2月18日~21日):

« 女子シングル試合結果/ISUフィギュア四大陸選手権2016(4CC)台湾(2016年2月18日~21日) | トップページ | アイスショー「ザ・アイス2016」大阪公演7月30日・31日、名古屋公演8月5日~7日開催決定 »