« 2017年12月フィギュアスケートグランプリファイナルを名古屋市で開催 | トップページ | フィギュアスケート国際試合「ISUジュニアグランプリ(JGP)日本大会(第3戦)」2016年9月8日~11日 »

2016年9月 5日 (月)

小塚崇彦スケート教室2016年9月4日・石川県金沢市/ニュース記事まとめ

2016年9月4日(日)石川県金沢市のスケートリンク「健民スポレクプラザ」で開催された元フィギュアスケート選手の小塚崇彦さんによるスケート教室とトークショーのニュース記事。
北國新聞と、中日新聞の新聞記事がネットで公開されています。

健民スポレクプラザの公式フェイスブックでもスケート教室の写真が公開されています。

健民スポレクプラザ
(公式サイト)

健民スポレクプラザ公式フェイスブック
スケート教室と語る会の写真4枚

小塚崇彦さんがスケート指導 元五輪代表、金沢で教室 - 石川県のニュース | 北國新聞社
2016/09/05 02:49
>フィギュアスケート男子の2010年バンクーバー冬季五輪代表で、3月末に引退した小塚崇彦さんが4日、西泉6丁目の健民スポレクプラザでスケート教室を開いた。県内外の小学生23人が技術指導を受け、交流を深めた。

>小塚さんは実演を交え、着氷から足の運び方までを教えた。参加者は両腕を水平に上げ、手の甲に乗せた硬貨を落とさないよう、美しい姿勢で滑る練習などに取り組んだ。

>トークショーでは、小塚さんと父・嗣彦(つぐひこ)さんが親子で競技に没頭した日々を語った。小塚さんは現役時代、父が五輪代表選手であることをプレッシャーに感じていたと明かし、「スケートが好きという気持ちがあったから、大きな夢もクリアできた」と話した。

小塚さん こつ教えて 金沢のリンクでスケート教室:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)
2016年9月5日
(写真あり)

>バンクーバー五輪に出場した元フィギュアスケート選手の小塚崇彦さんによるスケート教室とトークショーが四日、金沢市西泉の健民スポレクプラザであり、親子連れらが参加した。

>三日に今季の営業を始めた同プラザのオープニング記念イベントの一環。

>リンクでは、県内の小学生二十三人が小塚さんから手ほどきを受けて、バランスの取り方や足の運び方を教わった。おぼつかない足取りの子どもたちのそばで、小塚さんが一緒に滑り、「頭を動かさないように注意して滑るといい」などと上達のこつを優しく教えた。最後に小塚さんがステップを披露すると、子どもたちから大きな歓声が湧き、拍手が送られた。

>トークショーでは、小塚さんが中学生のころに父親の嗣彦さんに叱られて、練習場から帰ったエピソードなどを披露。嗣彦さんが五輪出場していたことをプレッシャーに感じていた時期もあったといい、「周りからの期待が負担になったけれど、スケートを好きだったからこそ、五輪に出ることができたと思う」と話した。 (蓮野亜耶)



スケート教室の募集は20名だったけど、思ったより多くのお子さんが参加されたんですね。

1週間ぐらい前に公式サイトのスケート教室の説明文から模範演技が削除されたので滑らないのかなと思ったら、教室の最後に小塚さんが滑ってくれたようです。
音楽なしで「イオ・チ・サロ」のステップ。見学された方がツイッターやインスタグラムでステップの動画を挙げてくださっています。音楽なしでもスケートのエッジ音がかっこいい。スケート教室や語る会のレポートもすごく楽しそうです。
Twitterの投稿は日にちが経つと探しにくいのでお早めに見つけてください。

スケート教室と語る会が終わると、その日の夜は(スケーター仲間の?)結婚式に参加されたようです。
PIWの小林宏一さんや松村成さん、高橋大輔さんらと一緒の写真がインスタグラムに上がっています。

就職と結婚でこの数か月忙しそうで、現役時代より練習時間が格段に減っているのは間違いない。それでもこれだけ惹きつけるステップを見せてくれる。水信玄餅みたいにシンプルで透明感があり、現地でしか味わえない。
小塚さんも機会があれば技術を教える意欲はあるらしい。
会社によっては副業ができない仕事があるが、小塚さんの会社はこういうスケート教室は許可されるようです。
ぜひ小塚さんにスケートの指導や人前で滑る機会を作ってほしい。



スケート教室で小塚さんが着ているグレーのフリース。
背中から撮った写真をTwitterで見かけたけど、背中に文字が入っていて「スペシャルオリンピックス2016新潟」のボランティアのウェアらしいです。
小塚さんはこの大会にはかかわっていないと思うけど、10月にスペシャルオリンピックス関連のイベントに参加予定です。

スペシャルオリンピックス日本(公式サイト)

2016年第6回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・新潟
知的障がい者のある方々のためのスポーツ競技会
2016年2月12日(金)から14日(日)までの3日間催

2007ミスユニバースの森理世さんは「スペシャルオリンピックス2016新潟」でもドリームサポーターとしてかかわり、フィギュアスケートのエキシビションに参加されました。
去年の夏からフィギュアスケートを始めて半年で新潟大会に出場。
その後もスケートを続けて7月の新潟クラブの発表会に出演し、いくつかの演目で振付も担当されました。

フィギュアスケート新潟・夏の発表会【後編】 | ニュースウォーカー


2016年10月1日(土)にお台場パレットタウン内にあるMEGA WEB(メガウェブ)にてスペシャルオリンピックス日本「第6回エールラン」を開催します。
ランナーの参加費が知的障害のある人たちを応援するスペシャルオリンピックス日本への活動資金となるチャリティ・ランです。
小塚崇彦さんもゲストで参加されます。
森理世さんは第1回からエールランに参加しています。

《関連記事》
健民スポレクプラザ(石川県)「小塚嗣彦・崇彦親子によるスケート教室」2016年9月4日予定

有森裕子と走るスペシャルオリンピックス応援「第6回エールラン」2016年10月1日(土)東京・お台場

|

« 2017年12月フィギュアスケートグランプリファイナルを名古屋市で開催 | トップページ | フィギュアスケート国際試合「ISUジュニアグランプリ(JGP)日本大会(第3戦)」2016年9月8日~11日 »

スポーツ」カテゴリの記事

フィギュアスケート」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/64164193

この記事へのトラックバック一覧です: 小塚崇彦スケート教室2016年9月4日・石川県金沢市/ニュース記事まとめ:

« 2017年12月フィギュアスケートグランプリファイナルを名古屋市で開催 | トップページ | フィギュアスケート国際試合「ISUジュニアグランプリ(JGP)日本大会(第3戦)」2016年9月8日~11日 »