« 女子フリー滑走順/世界ジュニア選手権2017(台湾)(日本時間3月18日17時00分~20時43分) | トップページ | アイスショー開催予定「プリンスアイスワールド2017(PIW)」鹿児島公演2017年7月1日~2日(鹿児島アリーナ) »

2017年3月18日 (土)

女子シングル試合結果/ISU世界ジュニアフィギュアスケート選手権2017(世界ジュニア)台湾(2017年3月15日~19日)

フィギュアスケート国際試合「ISU世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会(世界ジュニア2017)」。
競技は2017年3月15日(水)~19日(日)、開催地は台湾・台北。

女子シングルの競技結果(総合順位)。
(ショート3月17日、フリー18日)

ISU World Junior Championships 2017 | RESULT
世界ジュニア2017公式リザルト(滑走順・競技結果)英語

採点表(プロトコル)は表右の「Judges Scores (pdf)」にリンク。

スポーツナビ>世界ジュニア選手権2017
日本語ニュースサイト(競技結果・関連ニュース)

「ISU世界ジュニアフィギュアスケート選手権2017」
《女子シングル総合順位》
順位/選手名/所属国/総合得点/SP順位・FS順位

1. Alina ZAGITOVA [RUS] 208.60点/SP1・FS1
2. Marin HONDA [JPN] 201.61点/SP2・FS2(本田真凜)
3. Kaori SAKAMOTO [JPN] 195.54点/SP3・FS3(坂本花織)

4. Eunsoo LIM [KOR] 180.81点/SP4・FS4
5. Yuna SHIRAIWA [JPN] 174.38点/SP5・FS5(白岩優奈)
6. Stanislava KONSTANTINOVA [RUS] 162.84点/SP6・FS6
7. Bradie TENNELL [USA] 161.36点/SP7・FS7
8. Lea Johanna DASTICH [GER] 157.11点/SP13・FS8
9. Yi Christy LEUNG [HKG] 156.26点/SP8・FS10
10. Polina TSURSKAYA [RUS] 155.91点/SP11・FS9
11. Xiangning LI [CHN] 151.03点/SP12・FS11
12. Starr ANDREWS [USA] 149.05点/SP9・FS12
13. Anita OSTLUND [SWE] 144.57点/SP15・FS13
14. Viveca LINDFORS [FIN] 143.53点/SP10・FS15
15. Kristen SPOURS [GBR] 139.34点/SP16・FS14
16. Michaela-Lucie HANZLIKOVA [CZE] 134.48点/SP21・FS16
17. Sarah TAMURA [CAN] 130.40点/SP19・FS18
18. Elisabetta LECCARDI [ITA] 129.33点/SP14・FS21
19. Andrea MONTESINOS CANTU [MEX] 128.55点/SP24・FS17
20. So Hyun AN [KOR] 126.82点/SP17・FS20
21. Amy LIN [TPE] 125.91点/SP18・FS22
22. Guzide Irmak BAYIR [TUR] 123.23点/SP22・FS19
23. Holly HARRIS [AUS] 123.11点/SP20・FS24
24. Valentina MATOS [ESP] 120.41点/SP23・FS23

※ショートは44名滑走、1名棄権、フリー進出24名。



本田真凜選手2位、坂本花織選手3位、白岩優奈選手5位。
日本女子は去年に続き、表彰台2名の全員入賞。

白岩優奈選手はフリーが転倒ありのほか、ジャンプの回転不足やスピン・ステップのレベル取りこぼしがあった。腰痛を抱える中、よくがんばった。
本田真凜選手と坂本花織選手はショート・フリーともにノーミス演技で自己ベスト更新。
本田選手は日本女子で5人目の総合200点超え。シーズン大一番で完璧演技ができるところがすごい。シーズン前半からさんざん問題視されていたショートのステップも、振付を作り直してきちんとレベルが取れるようにして準備した成果があった。
坂本花織選手は直前に200点越えが二人も出たあとの最終滑走で、自分のできることをきちんとやりとげた精神力が偉い。

ただ二人とも、ノーミスしても優勝のザギトワ選手に勝つのはプログラム構成からして無理があった。
ジャンプを全部後半にしてジャンプでタノったりセカンド3loを入れたり加点要素を盛り込んだ女子最強の基礎点のプログラムを、ザギトワ選手はノーミスで滑った。
勝つためのプログラムをひたすら練習するのは、飽きっぽい本田選手では途中で投げ出してしまいそう。
3Aや4回転ジャンプなしの女子のプログラムがそろそろ限界に達している。
3Aや4回転ジャンプを試合に投入した女子選手は、ほとんどが怪我で苦しむことになる。普通の女子の体では、高難度ジャンプの衝撃が耐えられないのだろう。
ザギトワ選手以外のロシア女子がかなりボロボロな結果なのが心配。10位のツルスカヤ選手はノービスの時から日本でも注目されていたのに、前シーズンの世界ジュニアを怪我で欠場してから大事な試合で結果が出せていない。
ザギトワ選手も、世界ジュニア女王の称号があっても来季のオリンピックに出場できる保証はない。ロシア女子は次々すごい選手が出てきて、選手たちはライバルが多くて大変だ。

日本女子3人とも来季はシニアだろうけど、今季の世界選手権で来年の五輪・世界選手権の枠がどうなるか。
頼みの宮原知子選手は出場予定だけど、万全の状態ではない。三原舞依選手・樋口新葉選手がノーミス演技しても、多少ミスありのロシア・アメリカ・カナダ・イタリアあたりに追いつけるか。
6位・7位でもいいから3枠確保できますように。



■世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会2017
名称: ISU World Junior Figure Skating Championships 2017
(略称:世界ジュニア/WJC2017)
開催期間:2017年3月15日(水)~19日(日)
開催地:台湾・台北(Taipei City Chinese Taipei)
会場:Taipei Arena (リンクサイズ30m x 60m)
種目:ジュニア男子シングル・女子シングル・ペア・アイスダンス

▽日本代表選手(3月12日現在)
男子/友野一希、島田高志郎
女子/坂本花織、本田真凜、白岩優奈
アイスダンス/深瀬理香子&立野在 組
ペア/三浦璃来&市橋翔哉 組

《関連記事》
世界ジュニア選手権2017「世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会」大会概要(台湾・台北/2017年3月15日~19日)

テレビ放送予定「世界ジュニアフィギュアスケート選手権2017」(台湾/2017年3月15日~19日)J SPORTS 4・フジテレビ

世界ジュニアフィギュアスケート選手権2017/男女シングル出場全選手をフジテレビ公式サイトでノーカット無料配信



フィギュアスケートテレビ放送情報

フィギュアスケート競技会情報

フィギュアスケート・イベントスケジュール表@夏貸文庫
(試合・アイスショーの予定・日程)

|

« 女子フリー滑走順/世界ジュニア選手権2017(台湾)(日本時間3月18日17時00分~20時43分) | トップページ | アイスショー開催予定「プリンスアイスワールド2017(PIW)」鹿児島公演2017年7月1日~2日(鹿児島アリーナ) »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

フィギュアスケート」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/65032715

この記事へのトラックバック一覧です: 女子シングル試合結果/ISU世界ジュニアフィギュアスケート選手権2017(世界ジュニア)台湾(2017年3月15日~19日):

« 女子フリー滑走順/世界ジュニア選手権2017(台湾)(日本時間3月18日17時00分~20時43分) | トップページ | アイスショー開催予定「プリンスアイスワールド2017(PIW)」鹿児島公演2017年7月1日~2日(鹿児島アリーナ) »