« 女子シングル試合結果/世界フィギュアスケート選手権2017(ヘルシンキ)(2017年3月29日~4月2日) | トップページ | 講座「小塚崇彦が語るフィギュアスケートの魅力」朝日カルチャーセンター新宿教室2017年5月16日(火)予定 »

2017年4月 2日 (日)

男子シングル試合結果/世界フィギュアスケート選手権2017(ヘルシンキ)(2017年3月29日~4月2日)

2017年3月29日(水)~4月2日(日)にフィンランド・ヘルシンキで開催される国際試合「世界フィギュアスケート選手権2017」。

男子シングルの競技結果(総合順位)。
(ショート3月30日、フリー4月1日)

羽生結弦選手1位、宇野昌磨選手2位、田中刑事選手19位。

ISU World Championships 2017 RESULT
世界選手権2017公式リザルト(滑走順、競技結果)

ISU World Championships 2017/Men Result
(男子最終結果・総合成績/公式リザルト)

ISU World Championships 2017/Men - Short Program
(男子SP滑走順・競技結果/公式リザルト)

ISU World Championships 2017/Men - Free Skating
(男子FS滑走順・競技結果/公式リザルト)

スポーツナビ>世界選手権2017
日本語ニュースサイト(競技結果・関連ニュース)

「ISU世界フィギュアスケート選手権2017」
《男子シングル総合順位》
順位/選手名/所属国/SP順位・FS順位/総合得点

1. Yuzuru HANYU [JPN] 321.59点/SP5・FS1(羽生結弦)
2. Shoma UNO [JPN] 319.31点/SP2・FS2(宇野昌磨)
3. Boyang JIN [CHN] 303.58点/SP4・FS3

4. Javier FERNANDEZ [ESP] 301.19点/SP1・FS6
5. Patrick CHAN [CAN] 295.16点/SP3・FS5
6. Nathan CHEN [USA] 290.72点/SP6・FS4
7. Jason BROWN [USA] 269.57点/SP8・FS7
8. Mikhail KOLYADA [RUS] 257.47点/SP7・FS9
9. Kevin REYNOLDS [CAN] 253.84点/SP12・FS8
10. Alexei BYCHENKO [ISR] 245.96点/SP11・FS12
11. Maxim KOVTUN [RUS] 245.84点/SP10・FS14
12. Misha GE [UZB] 243.45点/SP16・FS10
13. Moris KVITELASHVILI [GEO] 239.24点/SP19・FS11
14. Deniss VASILJEVS [LAT] 239.00点/SP14・FS13
15. Brendan KERRY [AUS] 236.24点/SP13・FS15
16. Denis TEN [KAZ] 234.31点/SP9・FS20
17. Chafik BESSEGHIER [FRA] 230.13点/SP17・FS16
18. Michal BREZINA [CZE] 226.26点/SP15・FS18
19. Keiji TANAKA [JPN] 222.34点/SP22・FS17(田中刑事)
20. Paul FENTZ [GER] 217.91点/SP20・FS21
21. Jorik HENDRICKX [BEL] 214.02点/SP21・FS22
22. Julian Zhi Jie YEE [MAS] 213.99点/SP23・FS19
23. Alexander MAJOROV [SWE] 205.04点/SP18・FS23
24. Michael Christian MARTINEZ [PHI] 196.79点/SP24・FS24


25位~36位はSP落ち。



羽生結弦選手1位、宇野昌磨選手2位、田中刑事選手19位。
上位2名が1位+2位の合計3ポイントで、来季のオリンピックと世界選手権の日本男子出場枠は3枠。
日本男子が世界選手権の金メダル・銀メダル獲得は3年ぶり。
2014世界フィギュアでは羽生結弦選手が金メダル、町田樹さんが銀メダル。この大会でも羽生選手がショートで出遅れてフリーで巻き返して僅差の逆転優勝でした。

羽生選手のショートは4S-3Tの連続ジャンプが4Sで足をついてから無理に2Tをつけたけどコンビネーションと認定されず。演技開始30秒ルールに引っかかって1点減点。フリーはノーミスですべてのエレメンツでGOE加点の世界歴代最高得点。

宇野昌磨選手はショート・フリーほぼノーミスで自己ベスト更新。フリーはジャンプでいくつか着氷が詰まったり、ルッツでアテンションとられたりで細かいミスがあった。このプログラムでもまだ点数を伸ばす余地がある。ジャンプの着氷を流れるようにしないと、足に負担がかかって怪我するよ。

現在の男子フィギュアは四回転ジャンプ1本の失敗であっさり順位が入れ替わる。ショートで10点ぐらい出遅れてもフリーで巻き返せる可能性が高い。

アメリカ男子が 6+7=13ポイントで「3枠」
カナダ男子が 5+9=14ポイントで「2枠」
ロシア男子が 8+11=19ポイントで「2枠」

優勝候補と目されたネイサン・チェン選手が290.72点の6位。ジェイソン・ブラウン選手が7位でぎりぎり13ポイントの3枠確保。

ロシアのマキシム・コフトゥン選手がショートの六分間練習で足を痛めたトラブルで不調。
ロシアは2枠になって、来季の代表争いは日本女子以上に厳しい。世界ジュニアで男子が2位・3位・4位に入る有力選手が争いに加わってくる。
エフゲニー・プルシェンコさんが正式に現役引退を表明したけど、若手が育っているからちゃんと引き継いでくれるよ。

中国がボーヤン・ジン選手1人出場の4位で2枠。ハン・ヤン選手が直前に怪我で欠場し、補欠の選手の入国ビザが間に合わなかったらしい。

アレクセイ・ビチェンコ選手が10位でイスラエルが2枠獲得。
世界ジュニア6位のダニエル・サモヒン選手がいるので枠を活用できる。

ちょうど10年前の2007年の世界選手権(東京)で初出場だったのがハビエル・フェルナンデス選手。この大会ではSP35位でフリー進出できませんでした。
パトリック・チャン選手はその翌年の2008年の世界選手権(ヨーテボリ)初出場で9位でした。今まで8回出場して金3回、銀2回、5位2回、9位1回。
国内に敵がいないから世界選手権に集中できて、長く現役を続けられるのか。




■世界フィギュアスケート選手権大会(世界選手権)
名称: ISU World Figure Skating Championships 2017
『ISU 世界フィギュアスケート選手権大会 2017』
開催期間:2017年3月29日(水)~4月2日(日)
開催地:フィンランド・ヘルシンキ(Helsinki Finlands)

▽世界選手権日本代表選手(3月23日現在)
男子/宇野昌磨、羽生結弦、田中刑事
女子/樋口新葉、三原舞依、本郷理華
ペア/須藤澄玲&フランシス・ブードロー・オデ組
アイスダンス/村元哉中&クリス・リード組

※3月20日、宮原知子が怪我で欠場を発表、補欠の本郷理華が出場予定

※ペア・アイスダンスはSP落ちで、オリンピック出場枠は秋の五輪最終予選(大会は未定)で枠獲得を狙う。

World Figure Skating 2017
(大会公式サイト)英語

《関連記事》
世界選手権「世界フィギュアスケート選手権大会2017」大会概要(2017年3月29日~4月2日/フィンランド・ヘルシンキ)

テレビ放送予定/世界フィギュアスケート選手権2017(世界選手権)フジテレビ系・3月29日~4月2日

競技日程「世界フィギュアスケート選手権大会2017」2017年3月29日~4月2日/フィンランド・ヘルシンキ



フィギュアスケートテレビ放送情報

フィギュアスケート競技会情報

氷上演技会情報(アイスショー情報ブログ)

フィギュアスケート・イベントスケジュール表@夏貸文庫
(試合・アイスショーの予定・日程)

|

« 女子シングル試合結果/世界フィギュアスケート選手権2017(ヘルシンキ)(2017年3月29日~4月2日) | トップページ | 講座「小塚崇彦が語るフィギュアスケートの魅力」朝日カルチャーセンター新宿教室2017年5月16日(火)予定 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

フィギュアスケート」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41399/65096376

この記事へのトラックバック一覧です: 男子シングル試合結果/世界フィギュアスケート選手権2017(ヘルシンキ)(2017年3月29日~4月2日):

« 女子シングル試合結果/世界フィギュアスケート選手権2017(ヘルシンキ)(2017年3月29日~4月2日) | トップページ | 講座「小塚崇彦が語るフィギュアスケートの魅力」朝日カルチャーセンター新宿教室2017年5月16日(火)予定 »