« 女子シングル試合結果/ISU世界フィギュアスケート選手権大会2019◇2019年3月18日~24日 | トップページ | 2019年初夏(4月末・5月・6月)のフィギュアスケートローカル大会予定情報 »

2019年3月23日 (土)

男子シングル試合結果/ISU世界フィギュアスケート選手権大会2019◇2019年3月18日~24日

2018/2019シーズンの「ISU 世界フィギュアスケート選手権大会2019(フィギュア世界選手権/世界フィギュア/WC2019)」。
2019年3月18日(月)~24日(日)、さいたまスーパーアリーナ(埼玉県さいたま市)で開催。
男子シングルの競技結果(総合順位)。
◆ISU世界フィギュアスケート選手権大会2019(世界フィギュア2019)
世界選手権2019公式リザルト(滑走順、競技結果)
採点表(プロトコル)は各種目の下段の「Judges Scores (pdf)」にリンク。
《男子総合順位》
順位/選手名/所属国/SP順位・FS順位/総合得点
1. Nathan CHEN [USA] SP1・FS1/323.42点
2. Yuzuru HANYU [JPN] SP3・FS2/300.97点(羽生結弦)
3. Vincent ZHOU [USA] SP4・FS3/281.16点
4. Shoma UNO [JPN] SP6・FS4/270.32点(宇野昌磨)
5. Boyang JIN [CHN] SP9・FS5/262.71点
6. Mikhail KOLYADA [RUS] SP10・FS6/262.44点
7. Matteo RIZZO [ITA] SP5・FS10/257.66点
8. Michal BREZINA [CZE] SP8・FS8/254.28点
9. Jason BROWN [USA] SP2・FS14/254.15点
10. Andrei LAZUKIN [RUS] SP11・FS9/248.74点
11. Kevin AYMOZ [FRA] SP7・FS12/247.47点
12. Alexander SAMARIN [RUS] SP20・FS7/246.33点
13. Morisi KVITELASHVILI [GEO] SP12・FS13/240.74点
14. Keiji TANAKA [JPN] SP19・FS11/238.40点(田中刑事)
15. Keegan MESSING [CAN] SP14・FS15/237.64点
16. Nam NGUYEN [CAN] SP13・FS16/237.27点
17. Vladimir LITVINTSEV [AZE] SP16・FS19/230.84点
18. Alexander MAJOROV [SWE] SP17・FS17/229.72点
19. Junhwan CHA [KOR] SP18・FS18/229.26点
20. Brendan KERRY [AUS] SP21・FS21/222.02点
21. Deniss VASILJEVS [LAT] SP23・FS20/218.52点
22. Alexei BYCHENKO [ISR] SP22・FS22/216.60点
23. Julian Zhi Jie YEE [MAS] SP24・FS23/205.97点
24. Daniel SAMOHIN [ISR] SP15・FS24/205.28点
(以上フリー進出)
25. Peter James HALLAM [GBR] SP25/66.06点
26. Luc MAIERHOFER [AUT] SP26/65.78点
27. Aleksandr SELEVKO [EST] SP27/63.25点
28. Paul FENTZ [GER] SP28/63.24点
29. Ivan SHMURATKO [UKR] SP29/62.99点
30. Burak DEMIRBOGA [TUR] SP30/60.79点
31. Slavik HAYRAPETYAN [ARM] SP31/60.66点
32. Valtter VIRTANEN [FIN] SP32/55.73点
33. Donovan CARRILLO [MEX] SP33/54.99点
34. Lukas BRITSCHGI [SUI] SP34/54.58点
35. Igor REZNICHENKO [POL] SP35/50.15点

近来まれにみる神大会だった。
これを地上波テレビでゴールデンタイムに生中継で見られるとは素晴らしい。
宇野昌磨選手は、ショートもフリーも4回転ジャンプでミスが出て得点を伸ばせず4位。四大陸選手権で優勝すると、そのあとの世界選手権で不調に陥る選手が多い。足の捻挫が治りきっていないかもしれないけど、メンタルが不安定になっているのかも。
2年前の世界ジュニア王者ヴィンセント・ジョウ選手。世界選手権初出場で銅メダル。
ジュニアの時は話題になっていたけど、昨シーズンからシニアに上がってあまり目立った成績は出していませんでした。それがシニア2季目で一気に開花しました。これからもっと報道が増えるといいな。
羽生結弦選手は4ヵ月ぶりの復帰戦で準優勝。ショートの4サルコウの抜け以外は、心震える素晴らしい演技でした。300点超えて優勝できないとは、ものすごいハイレベルの大会でした。
荒川静香さんは引退後にプロスケーターになってアイスショーに出るという目標のためにオリンピックメダルを目指しましたが、羽生選手は何を目指してスケートを続けているのかね。学校に行ったり、対等な友達と真剣に人生を語ることで見えてくる世界もあるんじゃないの。世間と隔絶したストイックな生活で浮世離れしているので、悪い人に利用されないか心配。
ネイサン・チェン選手がショート・フリーともにトップのノーミス演技を揃え、2位に20点以上差をつけて世界選手権2連覇達成。
フリーは羽生選手の直後の滑走で、プレゼントの投げ込みの回収に時間がかかったり、観客の歓声がすごいことになっていたけど、落ち着いて自分の演技に集中しました。
今季から名門イェール大学に通い、ラファエル・アルトゥニアンコーチの指導を受けながら、練習拠点を離れました。シーズン序盤は勉強との両立が大変そうだったけど、12月のグランプリファイナルあたりから調子が上がってきて、全米選手権・世界選手権と素晴らしい演技を見せてくれました。
ひょろっとしてパーマ頭で、学校の勉強を頑張りながら、若いのに恐ろしいほど強くなっていくところが、「鬼畜アルパカ」こと将棋の藤井聡太七段を思い出して、応援したくなります。
4月の国別対抗戦には誰が出場してくれるかな。
《テレビ放送予定》
大会の模様は、地上波はフジテレビ系、BS放送はBSフジで放送。
スポーツチャンネル「J SPORTS 4」(BS放送・CS放送)で全種目放送。


◆世界フィギュアスケート選手権大会(世界選手権、世界フィギュア)

名称: ISU World Figure Skating Championships 2019

『ISU 世界フィギュアスケート選手権大会 2019』

開催期間:2019年3月18日(月)~24日(日)

開催地:日本・埼玉県さいたま市(Saitama City /JPN )

会場: さいたまスーパーアリーナ(Saitama Super Arena)

    (特設屋内リンク 60m x 30m)

種目:シニアの男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンス

主催:国際スケート連盟(ISU)
主管:日本スケート連盟
▽世界選手権日本代表選手
男子:宇野昌磨、田中刑事、羽生結弦
女子:坂本花織、紀平梨花、宮原知子
ペア:なし
アイスダンス:小松原美里&ティム・コレト
※ペアの須崎海羽&木原龍一組は、木原選手の怪我(脳震盪)で欠場。
(エントリー選手名簿、タイムスケジュール)
(大会公式サイト)日本語(JP)/英語(EN)
ISU(国際スケート連盟)が主催する選手権(チャンピオンシップ)。
世界中のフィギュアスケート選手が集まる国際試合でもっとも大きい大会。
前年度の結果で各国の代表が1~3名(組)出場する。
《関連記事》



|

« 女子シングル試合結果/ISU世界フィギュアスケート選手権大会2019◇2019年3月18日~24日 | トップページ | 2019年初夏(4月末・5月・6月)のフィギュアスケートローカル大会予定情報 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事