« エッセイ集『一陽来復――中国古典に四季を味わう』井波律子(岩波書店) | トップページ | 将棋特番「藤井聡太 驚異の強さ!~史上最年少タイトル獲得~」◇NHK Eテレ(全国放送)2020年8月22日(土) »

2020年7月17日 (金)

ドキュメンタリー「藤井聡太17才」◇東海テレビ(東海地方ローカル放送)2020年7月19日(日)

2020年7月16日(木)、将棋の棋聖戦の第4局で挑戦者の藤井聡太七段が渡辺明棋聖に勝ち、17歳11か月の史上最年少でタイトル獲得しました。
藤井聡太新棋聖の18歳の誕生日となる2020年7月19日(日)に、地元テレビ局の東海テレビが特集番組を放送します。
藤井棋聖がプロ棋士になる前の小学6年生の頃から取材を続けてきた地元局ならではの熱のこもった良質なドキュメンタリーを制作し、これまでも話題になっていました。
他地域でもフジテレビ系民放局で放送予定。

東海テレビ

東海テレビ 『藤井聡太17才』
番組情報

《放送概要》
番組名:「藤井聡太17才」
チャンネル:東海テレビ(地上波放送)東海地方ローカル放送
放送日時:2020年7月19日(日) 13時25分~14時25分
ジャンル:ドキュメンタリー(将棋)

将棋界の記録を塗り替え続ける天才棋士・藤井聡太七段。渡辺明棋聖を下し史上最年少で棋聖に!
その偉業達成までの道のりを幼少期から現在まで克明に描くドキュメンタリー。

《出演者》
ナレーター:萩本欽一

《番組内容》
7月16日(木)、棋聖戦の第4局が行われ、藤井聡太七段が渡辺明棋聖を下し、新棋聖となった。
藤井七段は現在、17才11カ月で、1990年に屋敷伸之九段が打ち立てたタイトル獲得の最年少記録、18才6カ月を30年ぶりに更新した。東海テレビは、地元の棋士が史上最年少で初のタイトルを獲得するという偉業を伝えるため、ドキュメンタリー『藤井聡太17才』を放送する。

3年前、東海テレビは「藤井聡太14才」というドキュメンタリーを放送。その後、私たちの想像をはるかに超えるスピードで、タイトル挑戦となる。
東海テレビは、藤井聡太七段が、まだ何者でもない小学6年生の頃から取材を続けてきた。史上最年少でのプロ入り、史上最多の29連勝、史上最年少の六段昇段、七段昇段など数々の記録のほか、杉本八段との師弟対決など、藤井七段の成長の記録を撮りためてきた。

「東海地方にタイトルを」とは、藤井七段の大師匠にあたる故・板谷進九段の果たせなかった夢だった。藤井七段は、様々な人たちの夢を乗せたタイトルの獲得に向けて、研鑽を続けてきた。
今回、東海テレビは、藤井七段の人生の棋譜を60分のドキュメンタリーとして放送する。


《スタッフ》
プロデューサー:伏原健之(東海テレビ)
取材編集:奥田繁
制作:東海テレビ


東海テレビ、撮りためた「藤井聡太17才」 各地で放送:朝日新聞デジタル
2020年7月16日 22時19分

※関西テレビは7月19日(日)午後4時から、テレビ西日本は午後2時から。ほかのフジテレビ系列では別の日時での放送を検討している。

Game_syougi_ban

《関連記事》
ドキュメンタリー「藤井聡太15才」◇東海テレビ(東海地方ローカル放送)2018年1月7日(日)
☆2017年6月23日にフジテレビ系で全国放送した「藤井聡太14才」(制作:東海テレビ)と、その後の活躍を加えて再編集した「藤井聡太15才」(東海テレビ 2018年1月7日放送)。

《Amazon.co.jp》

|

« エッセイ集『一陽来復――中国古典に四季を味わう』井波律子(岩波書店) | トップページ | 将棋特番「藤井聡太 驚異の強さ!~史上最年少タイトル獲得~」◇NHK Eテレ(全国放送)2020年8月22日(土) »

趣味」カテゴリの記事