« 一挙再放送「100分de名著/ミヒャエル・エンデ『モモ』」NHK Eテレ/2020年8月30日(日) | トップページ | 子ども大会「決定!こども将棋名人 第45回小学生将棋名人戦」◇NHK Eテレ(全国放送)2020年9月12日(土) »

2020年9月 5日 (土)

雑誌「Number(ナンバー)」1010号◇藤井聡太と将棋の天才◇2020年9月3日発売<8万部増刷、累計発行部数20万部>

文藝春秋が発行するスポーツ情報雑誌「Number(ナンバー)」(隔週木曜日発売)。
2020年9月3日(木)発売の1010号は創刊40年で初の将棋特集「藤井聡太と将棋の天才」。
表紙写真:藤井聡太

2020年7月に17歳で棋聖獲得、8月に18歳で王位獲得で最年少で将棋タイトル2冠となった高校生棋士・藤井聡太二冠を中心に、多くの現役プロ棋士を「アスリート」として紹介しています。
掲載されている写真が新聞や将棋専門誌より大判できれい。
文章の書き手(ライター)は将棋の専門記者、現役棋士のインタビュー・寄稿も多数。
期待以上に読み応えある内容です。

隔週刊の雑誌なので2週間前から将棋特集の予告はナンバー読者や将棋ファンには知られていました。
発売数日前にネットニュースで「スポーツ雑誌が初の将棋特集」として記事となり一般に広く知られ、発売当日で書店・コンビニもネット書店も完売が相次ぎました。

雑誌として異例の発売日当日の9月3日に3万部増刷を決定(累計発行部数15万部)。
さらに再増刷(5万部)を、発売翌日の9月4日に決定しました。
発売日の3日に決定していた増刷分3万部と合わせ、同号の発行部数は合計20万部となります。

☆増刷分は9月10日ごろから店頭に並び始める予定

☆最終的に4刷合計23万部になりました。

Number初の将棋特集、異例の発売即増刷。SNSでも大反響!に、編集長が反省の弁。|株式会社文藝春秋のプレスリリース
(PR TIMES 2020/09/03)

将棋がラグビーW杯を超えた! Number初の将棋特集が再増刷で20万部到達。|株式会社文藝春秋のプレスリリース
(PR TIMES 2020/09/04)

Numberが20万部以上を発行するのは、2014年のサッカーW杯特集以来。
2015年に日本代表が南アフリカを破ったラグビーW杯を特集した臨時増刊「桜の凱歌」は累計18万7000部、2019年ラグビーW杯特集「突破」は累計17万部。
フィギュアスケートでは2017年のNumber特別増刊号『永久保存版 浅田真央 ON THE ICE 1995-2017』が、2刷3万部の増刷。累計発行部数は20万部。

雑誌側はプレスリリースを出すのは、普段この雑誌を買わない客層に、増刷するから待っててくださいと伝えたいのでしょうね。

Numberは電子書籍版が紙媒体と同時発売です(kindle、kobo、Kinoppy)。
ドコモの雑誌読み放題サービス「dマガジン」で立ち読みできます。

私も発売日当日に書店やコンビニを回って買えませんでした。
dマガジンを読みながら、増刷分を待ちます。

《追記》
読まれたら刷り返す!Number将棋特集が「倍返し増刷」で23万部到達|株式会社文藝春秋のプレスリリース
(PR TIMES 2020/09/10)
雑誌「Sports Graphic Number」1010号「藤井聡太と将棋の天才」の3度目の増刷(計4刷、3万部)を決定しました。これまでの2刷3万部(3日)、3刷5万部(4日)と合わせ、同号の発行部数は、合計23万部となります。
4刷は、2015年のラグビーW杯臨時増刊以来、史上2度目の試みです。

自分はアマゾンの通販で買いました。ナンバーの次号が出た日に、将棋特集号(増刷分)も書店に並んでいました。



■Number(ナンバー) 1010号
(Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィックナンバー)

出版社: 文藝春秋
隔週刊版雑誌 AB判 オールカラー
発売日:2020年9月3日発売
商品パッケージの寸法: 26.4 x 20.2 x 0.6 cm
定価:582円+税(税込640円)
※電子書籍版あり

特集:藤井聡太と将棋の天才

藤井聡太と将棋の天才 - Number 1010号 - スポーツ総合雑誌ナンバー

藤井聡太と将棋の天才 - Number 1010号 - スポーツ総合雑誌ナンバー
【アマゾン】

1010号/藤井聡太と将棋の天才

《将棋関連関連記事》

▽SPECIAL FEATURES
最年少二冠の輝き 文◎北野新太/藤井聡太「天翔ける18歳」
最年少街道は続く 文◎後藤元気/記録で辿る異次元の歩み
東海の血脈 文◎藤島大/板谷一門の偶然と必然
トップ棋士縁側対談 文◎伊藤靖子/佐藤天彦×中村太地「藤井はピカソか、モーツァルトか」
永世名人の慧眼 文◎片山良三/中原誠が語る18歳の羽生と藤井
特別エッセイ 文◎先崎学/22時の少年――羽生と藤井が交錯した夜
プロフェッサー解説 文◎勝又清和/天才が切り拓いた矢倉新時代

▽勝負師たちの肖像
新名人の決意 文◎大川慎太郎/渡辺明「敗北の夜を越えて」
失冠からの再出発 文◎北野新太/木村一基「受け師は何度でも甦る」
タイトル戦で振り返る 文◎小島渉/王者たちの覇権20年史
振り飛車への愛 文◎高川武将/久保利明「変える勇気、変えぬ信念」
竜王のターニングポイント 文◎諏訪景子/豊島将之「仲間から遠く離れて」
58歳の矜持 文◎片山良三/谷川浩司「光速は終わらない」
藤井キラーの肖像文◎大川慎太郎/大橋貴洸「勝負スーツに込める志」
将棋界が揺れた1年 文◎鈴木忠平/羽生を止めろ七冠ロード大逆転秘話
名著8選 文◎後藤元気/“読む将”のススメ
偉大なる先人の足跡 文◎伊藤靖子/佐藤康光が語る「大名人、この一局」大山康晴/升田幸三/中原誠/加藤一二三
最強女流の胸のうち 文◎内田晶/里見香奈「腹立たしいけど、好きだから」
好きなことで、生きていく? 文◎雨宮圭吾/教えてアゲアゲさん! 将棋界のYouTuber事情
陰の演出家 文◎内田晶/棋士を支える呉服店
一筆入魂 文◎小島渉/将棋と書の深い関係
ほとばしる将棋熱 文◎いしかわごう・井山夏生・堀江ガンツ/愛棋家アスリート、3手詰め!
疾走する晩成棋士 文◎北野新太/佐藤和俊「不惑の青春」


Game_syougi_ban

《藤井聡太関連書籍》


|

« 一挙再放送「100分de名著/ミヒャエル・エンデ『モモ』」NHK Eテレ/2020年8月30日(日) | トップページ | 子ども大会「決定!こども将棋名人 第45回小学生将棋名人戦」◇NHK Eテレ(全国放送)2020年9月12日(土) »

趣味」カテゴリの記事